債務整理

借金

お金を借りる、つまり、借金するということは、決して良いイメージではないでしょうが、普通の生活をしている方は、一度は行う行為なのです。現金化が容易なキャッシングサービスや消費者金融からのローンは借金の原因になってしまいます。

生活とお金

生活の中で、お金を使うことは、日常的だと思われます。例えば、食料品や衣料品、家の家賃またはローンなど、私達の「衣・食・住」を行う上で、必要不可欠なのです。しかし、これらの他にも、お金を使う場面はあります。例えば、旅行や自動車、そのためのガソリン代もそうですし、旅行に行けば、お土産や旅行先でのショッピングに宿代などなど、いくらでも必要となってきます。その際、充分なお金を持って行くと思います。

しかし、基本的に、マイホームの購入や新車の購入など、値段が高いものになると、一括でお金を払うことができる方は、そうはいないでしょう(できる方はいないとは言いません)。その際に、ローンと言う形で借金を行うのです。また、借金する理由は人それぞれですが、先ほど出てきた、「衣・食・住」のための不足分を補うために、借金をする必要が出てきてしまう方もいるのです。

借金整理(債務整理)

借金整理、または債務整理とは、債務者が多重債務や会社の解雇などのように、今の返済方法のままでは、借金を返すことが困難、または不可能になってしまった場合に法律に基づいて借金を減らしたり、なくしたり、返しやすくすることを言います。現在は「2008世界恐慌」とも言われるほどの不景気に陥り、突然の解雇、倒産などが多くなってきています。つまり、多重債務や解雇は、絶対にありえないと言えない状況に陥っているということになります。

そのため、万一のときのため、借金整理(債務整理)の知識を持っていても、得することは会ったとしても、損をすることは無いと思います。もし債務整理に興味を持たれたのなら、ご相談することをお勧めします。

方法

基本的に、借金整理(債務整理)の方法は、以下の4つになると思います。

  1. 借金を返済する任意整理
  2. 自己破産
  3. 民事再生
  4. 特定調停

これらの中で、聞いたことあるという方が多いのは、「自己破産」でしょう。しかし、そのために自己破産について、誤解している方も少なくないようです。そこで、すべてについて、少し説明してみますが、その前に注意点があります。

上記4つの借金整理を行う際には、司法書士や弁護士などのような、法律の専門家の協力が必須です。例え、あなたがこのサイトや他のサイトで、借金整理に対し、充分な知識を得たとしても、それは変わりません。基本的に、金銭の貸借による法律は、一般人はもとより、時として弁護士も誤解することがあるそうです(注:珍しい事例などの場合)。また、借金の場合は、借金額や対象者、その他の条件によって、いろいろな解決方法になっていき、人によっては自己破産すらもできない場合も出てきます。

以上のことから、「かじった」程度の法知識で行うのは非常に危険です。どんなに似ている事例があったとしても、今回もそれが通るとは言い切れません。そのため、多少の費用が掛かることになったとしても、その後のトラブルを起こさないためには、やはり専門家を頼ることをお勧めいたします。

Favorite

骨盤 クッション
http://mission-praise.com/
眼精疲労 サプリ
http://www.arboldevida.net/supplyment/
iphone故障修理、最短30分の迅速修理。
http://www.castle-iphone.com/
オリジナルユニフォーム
http://meikosport.com/soccer/custom.php

Last update:2016/6/15